桜便り

揺るぎない自然界の営み


ここに


真の豊かさを思う



170430_6850.jpg





170427_6705.jpg





170424_6568.jpg



少しずつ処分して資源ごみへ出している子が使った教科書。
名前のところをハサミで切り、パラパラめくってみた。
そこで目にした桜の絵に心が揺らぐ、読もう。
表現のゆたかさ「言葉の力」大岡 信。
桜の色から見えた美しい言葉等について書いていたのです。

45年間の仕事に区切りをつけようとしている今、子が残した教科書を読んでみるのもいいかな・・・
棄てるにはまだまだもったいない、そんなことを思いついた桜日和なのでした。


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mitikusanomukou.blog62.fc2.com/tb.php/990-fe56fd93

Comment

きとり*

こんにちは^^

すっかり葉桜になった街中の桜。
山の桜は、今が見頃ですね^^

教科書、懐かしい響きですね。
授業中、私も良く教科書の隅っこに
くだらない落書きをしてました^m^
今はもう、手元にないけれど。

授業中、ぼんやり眺めた窓の外の景色。
教科書に残した、小さな落書き。
風にそよぐカーテン。
教わったことよりも、そんな事ばかり
覚えています^^;
  • URL
  • 2017/05/02 15:38
  • Edit

⋆きとり*さん、ありがとう~

夏日のようになったりしながら、去りゆく桜の季節になってきました。

一応真面目に学校へは行ったけど、真面目に勉強した記憶はありません"(-""-)"
不勉強しながらも学生生活は楽しめて、良い時期ですね。

遠くになりにけりの学校は、時代の変化と共に統合し、校名も変わったようで、
忘れてゆくばかりです。
それでも、懐かしく想い出せることがあるだけ幸せなんですね。。。


  • URL
  • 2017/05/05 23:04

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

涼

Author:涼
ずーっと歩いてきた道
これからも歩む道
道しるべを
手元に隠れるような本に
ふり向けば
そこにいる 自分



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

フリーエリア