秋田駒ヶ岳 

  • 2017/07/30 00:10
  • Category:
どれだけ疲れるかわからないのに

何故ゆく


答えなどある理由(わけ)はない

ひたすら向かうだけ




↓この沢を渡った先に見えてくる山上の楽園、それを目指して・・・
崖を這い上がったり、下りたりしながら、バランスを崩さないように慎重に、
大きな岩を縫うようにして、花咲く道をゆく

170715_8844 (2)




170715_8921 (1)




170715_8820 (1)




170715_8844 (1)




170715_8851_1 (1)
笹森山、湯森山、笊森山、3つを踏破して笊森山山頂に立つ
これから向かう先は「千沼ケ原」





スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mitikusanomukou.blog62.fc2.com/tb.php/1010-cc88bee3

Comment

きとり*

こんにちは^^

良い山時間を過ごされたようですね^^
かけがえのない人との出会い。
それは思いがけない時にやってくるもの。
人との繋がりが、希薄になりつつあるこの頃だけど
出会いは、荒んだ気持ちを平らかにしてくれます^^
だから人は、凹んだり悲しんだりしながらも
前を向いて、歩いて行けるのかもしれませんね。
  • URL
  • 2017/08/08 14:54
  • Edit

⋆きとり*さん、ありがとう~


雨になり、涼しさが戻ってきました。
ほっと、一息ですね。

有難いなぁー人間って、一人ではできないことを助けてくれます。
また、思い切って声を出して見ることなんですね。
そうすると願いは叶うことがある。

わたしの「いいよ」って、言ってあげられることは何かな・・・
自分を見つめ直すことも大切ね。

はい、前を向いて歩いて行きましょう~~
この道が続く限り・・・。
  • URL
  • 2017/08/09 00:03

わすれ草

コメント欄の入り口が分からなくて探していますが、どこなのでしょう?

秋田駒ヶ岳は、子どもが小さい時に途中まで登りました。
湿原・お花畑に行きたかったー。
今ではもう体力もないし、登ることは叶わないでしょう。
憧れはあこがれのまま、で仕方ない。


そしてきょうはわらび座の団員のお話。
小学校の時に講堂で見たわらび座公演。
団員の生き生きした笑顔がとても印象に残っています。
  • URL
  • 2017/08/09 10:23
  • Edit

⋆わすれ草さん、ありがとう~

> 秋田駒ヶ岳は、子どもが小さい時に途中まで登りました。
> 湿原・お花畑に行きたかったー。
お子さんもご一緒に登山したことがあったのですね。
今度はお孫さんもご一緒に登山なさってください。是非・・・
> 今ではもう体力もないし、登ることは叶わないでしょう。
わたしは2011年に、学生時代から遡ること40数年以上経っての登山でした。
恐々鳥海山へ行き(頂上へは無理と思い行かないのですが)山の魅力に獲りつかれました。
登山道の変わりようにはびっくり、石畳のようになっていて広くて、うーんこれが山の道?
しっくりこないのですが・・・
年齢は?わすれ草さんより上は確かです。
今からでも大丈夫、わたしがご案内しますよ(*^_^*)
>
> そしてきょうはわらび座の団員のお話。
> 小学校の時に講堂で見たわらび座公演。
> 団員の生き生きした笑顔がとても印象に残っています。
わたしも小学校の体育館での「わらび座」が始まりです。
あれからもう長い年月、わらび座は演劇だけでなく、さまざまな事業も手掛けています。
世界のわらび座になっていますね。
地元の劇場でも是非観賞なさってください。
駒ヶ岳の近くですから。
  • URL
  • 2017/08/11 23:38

ののはな

やっと入れますね。宮沢賢治の世界ですね。
雄大な夏山見せていただいて感動です。
う~んとのびをして
  • URL
  • 2017/09/02 18:47
  • Edit

⋆ののはなさん、ありがとう~

> やっと入れますね。宮沢賢治の世界ですね。
> 雄大な夏山見せていただいて感動です。
> う~んとのびをして

山にいるとき、一番生き生きした顔になっているのかなぁと思うのです。
これからの紅葉、楽しみです。
ののはなさん、本当に本当にありがとう(^^♪
  • URL
  • 2017/09/04 23:32

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

涼

Author:涼
ずーっと歩いてきた道
これからも歩む道
道しるべを
手元に隠れるような本に
ふり向けば
そこにいる 自分



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

フリーエリア