いつしか

用済みになったから ポイ捨て

それはないでしょ

役立ったときのこと

忘れてしまったのか・・・


形あるものの哀しき末路も

花が咲き 植物がおおい隠していく

せめてもの慰めでしょうか

そうして自然と同化していく

忘れ去られていくのでしょうか



140915_8025.jpg



140915_8036.jpg



140915_8050_1.jpg

郊外のアスファルト道路沿いに無造作に捨てられていた物への憐れみに心揺さぶれて・・・


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

涼

Author:涼
ずーっと歩いてきた道
これからも歩む道
道しるべを
手元に隠れるような本に
ふり向けば
そこにいる 自分



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

フリーエリア