微笑ましくて

靴の上に ちょこんとのったキミ


この子(靴)にもらわれていくんだね


この子の夢の傍らには


いつも キミがいるのかな



130613_5109.jpg 

視線の先に、何かいいものを見つけたような瞬間。
なんとも微笑ましい若い感性を。
何気ない日常のひとコマが、忘れていた遠い昔を思い起こさせてくれたのでした。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

涼

Author:涼
ずーっと歩いてきた道
これからも歩む道
道しるべを
手元に隠れるような本に
ふり向けば
そこにいる 自分



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

フリーエリア