生きたい

  • 2012/04/27 22:41
  • Category: 製本

放射能もない 交通事故もない
ないないづくしで輝いていた
そんな時代を生き
人生の折り返しも とうに過ぎて 今を生きているのに

きょうも また 
小さな命の灯はどうして消えてしまうのでしょう
どうして わたしは死ぬの
命の叫びが聴こえてくる

痛ましくて 抱きしめたくて
残されしものは 宙に浮いた魂のかけらを拾い集め
うつろな眼のまま途方に暮れている

「わたしたちはどう生きればいいの 教えて 」

問いかけに 答える術すべをわたしは持たない


はるか遠く 海の向こうが故郷だったわたしなら
何処にでも根を張って生きてゆけるのに
なにも叶わぬまま 逝ってしまう命があるなんて

人がある限り 切れることがないこの世の無常
人の世の儚さに 見えない糸を手繰り寄せ
ただ 手を 合わせるのみ     



       
 














 
IMG_0862.jpg 
         ニワゼキショウ 帰化植物  2012.04.27
    

スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

涼

Author:涼
ずーっと歩いてきた道
これからも歩む道
道しるべを
手元に隠れるような本に
ふり向けば
そこにいる 自分



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

フリーエリア