雨宿り


雨宿りしようと入った公園の東屋で
  
あれっ、ネコちゃんの先客が…
  
同席させてね
  
見知らぬ気配に
  
一瞥したまま大きなあくびを2つ
  
身じろぎもせず
    
私にはそっぽを向いたまま

物憂い気なその眼は
  
降り止まぬ雨を恨めしく見ていたのか…
    
   
そろそろ日が暮れるよ
  
私には帰る家があるけれど…
  
あなたは…?
  
心を残したまま
  
さよならね


IMG_1049.jpg 
目の周りもほとんど黒いネコちゃんでした



スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

涼

Author:涼
ずーっと歩いてきた道
これからも歩む道
道しるべを
手元に隠れるような本に
ふり向けば
そこにいる 自分



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

フリーエリア