心残り

往く秋に別れを告げて・・・

季節の移ろいを

閉じ込めておくことなんてできないけど

心は いっぱいいっぱい広いから

拾い集めて仕舞っておけるわね



IMG_3512.jpg




IMG_3522.jpg




171106_39671-0.jpg


外はこの時季、この地特有のちょっと気持ちも憂鬱気分になるような時雨日。
だけど・・・ラジオは一日中小田和正さん特集のいい日。
昨年盛岡でのコンサートに勇んで行った。
いつかまた何処かでお会いしたい、願いが叶う日来るかなぁー



スポンサーサイト

風が見ていた

季節に流されながら 

当たり前のように過ぎてゆく愛しい日々

それは贅沢なことなのか・・・と

不穏な社会を目にして思う



171025_3569_2_3 (1)




171025_3556.jpg




171025_3576.jpg




171025_3569_2_3 (2)




“地上イージス新屋に”先日の新聞見出しにあった。
先の選挙で「秋田から日本を変える」と訴えて当選した議員がいたけれど・・・。
具体的なことは何ら語らずに、それはこんなことなのか・・・。

ここは私の散歩コース、目の前に不気味な足音が近づいてきたのかな。
真が聴こえない主義主張を押し切ろうとする宰相の言葉が虚しく響く。
権力の一存で、国家の重要な課題がすべて決まるなどあってはならないけれど。

「致し方ない」という言葉は聞きたくない。

秋爽

あぁ~きれい


自然はなんて


美しい光景を見せてくれるのでしょう





171006_1484.jpg





171006_1509.jpg




171006_1505.jpg




171006_1623.jpg




161006_1618_1.jpg



今ちょこっとお家を直している
今やって置かねば・・・そんなことを意識して
そんな気持ちも自然かな・・・
限りある人生なんだもの





花の香

花の香に


こころくすぐられ


みんな みんな


ゆるやかに


優しい時間を過ごしてゆく




171001_1021_1 (1)




171001_1021_1 (2)




171001_1069_1.jpg





秋の残り香

ひと際の鮮やかさを

惜しげもなく散りばめて

深まりゆく秋に

別れを告げてゆく


目を凝らし見ていた 枯れ色もまた美しく

移ろいゆく四季に 思いのたけを寄せよう




161112_4785.jpg




161116_4833.jpg




161116_4839.jpg




161112_4781_1.jpg




161109_4695.jpg




Pagination

Utility

プロフィール

涼

Author:涼
ずーっと歩いてきた道
これからも歩む道
道しるべを
手元に隠れるような本に
ふり向けば
そこにいる 自分



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

フリーエリア