往く冬に寄せて

ある晴れた冬日の昼下がり

雪面には

陽光が優しい影を誘っていました

寒い寒いと愚痴ってもいたけれど

過ぎてしまえば

愛おしい冬晴れの光景



180222_6236 (1)





180222_6237.jpg





180222_6236 (2)





180222_6248.jpg





180222_6276.jpg


何故、権力はこれほどまでに、自らの欲で罪深いことをするのでしょうか。
シレッと責任を転嫁する。それは余りにも哀しく、いたたまれない。
いつまでも無くならない権力の闇、「国民の安心、安全、平和、財産、守る守る」と・・・
そのために政治はあるように、しきりにおっしゃるけど、私たちのためではないですね。







スポンサーサイト

snowy flower

懸命に生きる







繋げるために・・・




春はもうちょっと




180203_5908.jpg





180203_5953.jpg




どこかで春が・・・

まだまだ

寒さ厳しい北国だけど


雲間からは

お日さまがのぞいた ある冬の日

春が生まれていた(^^♪



180129_5827.jpg




171029_58352.jpg




180129_5777_3.jpg





小さな足跡

クロスした小さな足跡

その姿に 出遇うことはないけれど

近くで遊んでいるのかも

私のこと 何処かで見てるかな・・・

小さきものたちの

息づかい感じられた冬の日



180129_5796.jpg




180129_5819.jpg




民主主義イコール民意、けど、そこに至るプロセス・・・どうなっているんだろう。
名護市へ交付金再開とか・・・アメとムチですか。

権力とは市井の人々に寄り添うことではないのかもしれない。
長い物には巻かれろ・・・それがいいのか分からない。

日米軍事同盟、日本の未来はあるのかなぁ。
人間の都合で、美しい自然をいとも簡単に壊してゆく。
美しい国をつくるとは、何を意味しているのか・・・。
分からないことばかり。



待ちぼうけ

待ちましょう 春を


はじける響きを


私は待っている




180111_5168.jpg





180111_5184_3.jpg
ミツマタの実?


Pagination

Utility

プロフィール

涼

Author:涼
ずーっと歩いてきた道
これからも歩む道
道しるべを
手元に隠れるような本に
ふり向けば
そこにいる 自分



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

フリーエリア