春色

やっと 夢から覚めた


愛らしさ


窓辺に寄り添い 紡ぐ


 「愛」



170212_5932.jpg






スポンサーサイト

シジュウカラ

キミたちの姿を見かけるのも

今だけ

木の葉が生い茂ったら

隠れてしまうもの




170214_6009.jpg
落っこちないように


ぬかるむ

冬と春の分かれ道

名残惜しさと 迎える歓びと

季節を感じながら

雪でぬかるむ道を歩いてゆく



170123_5759_1.jpg


北へ渡る白鳥を見送る毎日、隊列からちょっとはみ出した一羽も滑りこむように列の中へと、
一糸乱れることなく、綺麗なV字編隊は鉛色の空へ消えて行った。
長旅無事でありますように・・・

あなたたちとの別れは、また春を運んでくるのです。





佳き日

お し あ わ せ に



161127_5337.jpg
2016.11.27 明治神宮にて








淡雪

ふわり ふわり


舞い降りる


白い踊り子たち






170123_5742_1.jpg




Pagination

Utility

プロフィール

涼

Author:涼
ずーっと歩いてきた道
これからも歩む道
道しるべを
手元に隠れるような本に
ふり向けば
そこにいる 自分



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

フリーエリア